我孫子市 【トルコン太郎事例】 クライスラー 300C ATF交換事例  TORQUE(トルク) carsales&custom

画像
【トルコン太郎事例】 クライスラー 300C ATF交換事例 

  • HOME
  • 車修理
  • 【トルコン太郎事例】 クライスラー 300C ATF交換事例 

千葉県 我孫子市 トルコン太郎 ATF圧送交換事例

クライスラー 300C 走行:85000km使用オイル:WAKO`S P-S

 クライスラー 300C 走行:85000km
使用オイル:WAKO`S P-S

ホームページよりご来店いただきました。
松戸市からお越しくださいましてありがとうございます。こちらのお車では、ZFミッション搭載の300Cになります。ちゃんと油量を調べてほしいとの事でベンツ用のディップスティックをご用意いたしました。

ミッションオイルパン

 ミッションオイルパン

ZFミッションは6カ所しか止まっていません(笑)
しかも金具で挟み込んで止めておりますので、多少緩むだけでオイルが漏れます。
今回はストレーナー交換と洗浄・パッキン交換のため脱着いたしました。
ATFは結構汚れていました。

ATカプラー

 ATカプラー

300Cの場合はほとんどの車両が漏れていますので、同時交換をおススメいたします。

マグネットにはやはりスラッジが・・・

 マグネットにはやはりスラッジが・・・

中古並行輸入車ではほとんどの車両が本国でメーターが巻き戻されています。したがって距離と合わない汚れ方をしている車両が見受けられますので、一度オイルパンを開けてチェックする事をおススメします。
こちらの車両はスラッジや汚れを見る限り数回交換をされていますね!
それでも変速異常や変速ショックがあるとの事でしたので、念入りに洗います。

トルコン太郎圧送開始

 トルコン太郎圧送開始

300Cのクーラーラインに接続して圧送開始いたします。アメリカ車ではほとんどホースがカシメになっているため、カシメを切断して太郎君を接続いたしました。
こちらのお客様は本命オイル100%指定でしたので、WAKO`S プレミアムスペックを100%注入していきたいと思います。

まずは一気に10L圧送開始

 まずは一気に10L圧送開始

画像は交換前のATFです。真っ黒でかなり汚れているのが分かります。オイルパンからぬけた約3L補充して一気に圧送致します。

トルコン太郎 10L圧送中

 トルコン太郎 10L圧送中

大凡8.5L交換してる最中の画像となります。大分色が明るくなってきました。トルコン太郎では交換中のオイルがモニターで確認ができますので、立ち会うお客様も多いです♪気持ちがいいですからね(笑)

クリーニング後再圧送

 クリーニング後再圧送

クリーニング後ATFの状況をお客様へ確認いたしました所、5L追加いただきました。ここまで変えれば、結構透明度がでてきます。

計20L交換後 完了

 計20L交換後 完了

画像では、外も暗くなってしまい、黒く見えますが、実際はかなり透明度がございます。もともとWAKO`S プレミアムスペックの色が薄緑ですので、旧油の赤に勝つことができないため、透明度で判断していただいております。
油量調整も終わり、オプションのCORE701も注文いただきましたので、最後に注入して、試運転。
当社では施工前と施工後試運転を行いますが、ここまで変わったのは驚きました。
加速性の向上とミッションの応答性が向上したと感じました。
お客様にも試運転していただいた所、満足していただいたようで、本当によかったです。

車修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!