我孫子市 【トルコン太郎】我孫子市 メルセデスベンツ Gクラス W463 圧送交換 ATF交換 TORQUE

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車修理
  • 【トルコン太郎】我孫子市 メルセデスベンツ W213 ATF交換

【トルコン太郎】我孫子市 メルセデスベンツ W213 9速 9G-TRONIC 圧送交換

 メルセデスベンツ W213
9G-TRONIC

【トルコン太郎圧送交換】
本命オイル:ペトロナス ATF700

【ご用命】
メンテナンス

 オイル抜取/オイルパン脱着

交換前にコンピューターによる作業前点検後、分解を行います。走行距離が増えるとオイルパンに汚れが溜まって、不具合や故障の原因に。

こちらの最新型9速ミッションではATFを交換するにはSSTが必要で難易度が高いですが、1度やってしまえば、簡単に作業する事が出来ます。
画像のようにSSTを使って、後ほど診断機の画像でも説明がありますが、オイルを抜き取る所にスイッチしますと、大量にオイルが出てきますので、オイルパン内のオイルを出していきましょう。

 新品純正オイルサンプと交換部品

最近のZFミッションなどでもフィルターが一体型が採用されていますが、ついにこの9Gでもフィルター一体型が採用されたようですね、メンテナンス性はいいですが、その分コストが高くなってしまうのが難点ですね。

 外したオイルパンの状況

外してオイルパンの状況を確認してみると、走行距離も5万キロ程なので、そこまでひどいスラッジの付着はマグネットを含めてもありませんでした。


 圧送前の様子(左が新しいオイル・右が現在のオイル)

トルコン太郎に接続するためのアタッチメントを取付して接続をしていきます。(画像右)
古いオイル新しいオイルを見比べることができます。左が新油で右が現在のオイル。
5万KMで年式も新しいので、そこまで黒くは無く良かったです。



 洗浄を開始

トルコン太郎内のフィルタによって、効率よくゴミや汚れを除去します。
今回はペトロナスで一気に圧送をかけていきます。
まず抜いたオイルプラス1リットルを入れて圧送を開始します。

 本命オイル圧送

圧送交換が終わりました。見比べてみても新油とほぼ変わらなくなりました。

 BEFORE・AFTER

今回の作業では、距離も浅く年式も高いためひどい汚れは無いので比較は難しいですが、黒みが取れて、ほぼ新油になったのではないでしょうか?
中古で買われて前のオーナーさんのメンテ記録が不明といった理由でATF交換を希望される方がほとんどです。
これで精神衛生上スッキリもしますし、より自分の物へとなった気がしますね。

弊社は輸入車の修理事例も多数!
輸入車のための専門の設備がございます。

 純正診断機で油量調整

純正診断機XENTRYでマニュアルを確認しながら、油量調整を行っていきます。SSTはこれを使ってや、ドレンプラグの所の切り替えが4パポジションあり、油量調整の際はここにしてね、などマニュアルが細かく記載されています。

 オーバーフロー後油量調整終了

診断機に沿って行き、エア抜きまで全自動で行った後にオーバーフローを行い、逆の手順で元に戻せば完成です。
ご利用ありがとうございました。
メルセデスのメンテナンス/修理はお任せください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  我孫子市 車検・車修理・カスタムのご相談・ご予約・お見積りはこちら

千葉県我孫子市に車検・修理・メンテナンスならTORQUE(トルク)にお任せください!ご相談は完全無料なので、お電話もしくは、WEBからお気軽にお問合せください。ご予約・お見積り・空き状況の確認はWEBからなら24時間受付中です。

TEL:04-7199-9030
>>WEBからのお見積りこちら

>>LINE見積・査定はこちら

車修理の他のページ